• 2018.5.8

綺麗になるために美肌を保ちましょう

綺麗な人の定義とは何でしょう。
もちろんその人によってイメージは違うかもしれませんが、多くの方は美肌はその条件としてあげています。
おしゃれであっても、トレンドを意識していても、知的であってもお肌が荒れていたりすると、それだけで大きなマイナスポイントとなってしまいます。

綺麗の定義は、美肌も入っていると考えて良いでしょう。
綺麗になるためには、まずは美肌を保つことから試みていく事をおすすめします。
まず化粧品をこだわって選ぶという事を思いつく方が多いかも知れません。
もちろんそれも大事です。
求める効果によって、保湿系やホワイトニング系、ニキビ系などを選んでいきます。
また有効成分の違いによっても効果は異なりますので成分もチェックしていく事もポイントです。

さらに、美肌のためには内側からアプローチしていく事も必要です。
新陳代謝が悪いとターンオーバーという所にも影響がでてきてしまいますので、睡眠をきちんととり、成長ホルモンを促していきましょう。
睡眠をとることで、女性ホルモンも満たされていきますし、細胞自体も元気になっていきます。
また、血流が悪いのもよくありませんので、適度な運動をして呼吸も整えていくことが大事です。

美肌の条件として、しみの無い透明感のあるお肌というのもあげられます。
紫外線を浴びる事で、お肌のメラノサイトが刺激されて、しみの原因となるメラニン色素が増えることが大きな原因です。
そのため、日焼け止めを毎日使ったり、夏場は特に日傘や帽子、サングラスなどを使いしっかり紫外線対策をすることもお勧めします。

さらに、食事でもビタミンCやビタミンD、ポロフェノールやイソフラボンなどの成分は特に気を付けてとるようにします。
ストレスを感じていると、お肌にも影響がでてきてしまいますので、ストレスをうまく解消する方法も見つけて楽しい生活が出来るように心がけましょう。
日々の心がけで、どんどん魅力的な女性になることができます。

紫外線の対策は年中通して必要です

30代、40代を過ぎても、しわやそばかすなどが少なく、美肌の女性はとても若々しく魅力的なので、憧れている人がほとんどでしょう。

人間の皮膚は28日から、40日前後で新陳代謝を繰り返していますが、お肌のターンオーバーを促進するためには、適度な運動や質の良い睡眠は欠かせません。
お肌は就寝中に新陳代謝を行っているため、なるべく午後11時から午前2時ぐらいの間はぐっすりと眠って下さい。
美肌を維持して綺麗になるためには、毎日の食事は大変重要です。
油っこい料理や刺激物は控えて、ビタミンB群やビタミンC、ビタミンEなどが豊富に含まれている食品を積極的に食べましょう。

日焼けをしてしまったり、精神的なストレスが多い生活をしていると、ビタミンが過剰に消費されてしまい、肌荒れの原因になるので注意して下さい。
一年間を通して紫外線対策をしないと、うっかりと日焼けをしてしまい、しみやそばかす、たるみなどの原因になります。

人間は皮膚からも呼吸をしているので、日焼け止めやファンデーション、BBクリームなどを使用した後は、洗顔石鹸やクレンジング剤を使ってきちんと落としておきましょう。
外出をする時はUVカット効果の高い日焼け止めやファンデーションを使用したり、日焼け止めサプリメントを服用するのもお勧めです。
美肌を維持するためには、日焼けをしてしまった時や、お肌の乾燥が気になる時は、保湿効果の高い基礎化粧品を使って、スキンケアをしておきましょう。

体の内側からも働き掛ける必要があるので、緑黄色野菜や魚類、果物、オリーブオイルやごま油などの良質な油を摂取することも大事です。
食べ過ぎや喫煙、飲酒などの悪い習慣は改める努力をしましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る