• 2018.4.6

綺麗になりたいなら筋トレでくびれを作る

ダイエットをするには有酸素運動が効果的で、ランニングやウォーキングをすると脂肪を効率良く燃焼させて減量を図ることができます。
しかしダイエットを始める目的は、綺麗になりたい、洋服を可愛く着こなしたいという思いがあるのではないでしょうか。
それなら体重を単に落とすだけの有酸素運動をするだけでなく、筋トレも必要になります。
要するに綺麗になりたいなら、筋トレでクビレを作る必要があるということです。

ダイエット女子が筋トレをすると良いのはセクシーなクビレを作ることができるからで、ひねりを加えた腹筋を実践すると効果的です。
オススメの腹筋はロシアンツイストで、クビレに必要な横腹筋と腹斜筋を鍛えることが可能です。
通常の腹筋とは違ってクランチした状態からツイストするので、クランチよりもさらに負荷がかかります。
普通の腹筋よりもかなりきついですが、その分薄い腹筋群に対して大きな効果が期待できます。
常に大腿部と上半身が90度のフォームをキープしないといけないので、実践するにはある程度の腹直筋が必要です。

スタイルの良い女性のお腹はクビレでなく、縦に線が入ったお腹に憧れを抱く女性も少なくないでしょう。
縦腹筋を鍛えるにはツイストクランチをすると良く、仰向けに寝て腿の上に両手を伸ばして置きます。
まず左肘を立ててマットについて息を吐きながら上半身を起こし、右手は左膝にタッチするのがポイントです。
続いて息を吸いながら身体を倒して床に近づけるようにし、肩甲骨がついたところでストップします。
右肘を立ててマットについたら今度は息を吐きながら上半身を起こして左手を右膝にタッチし、この一連の動きを繰り返します。

体重と見た目はイコールではなく、筋トレをしてクビレができると自信を持てるようになります。
ロシアンツイストとツイストクランチの筋トレでひねりを加えて腹斜筋や縦腹筋を鍛錬し、クビレを作って女性らしいセクシーな体型を目指しましょう。
筋肉はポンプの役割を果たしていて筋トレをするとポンプを大きく動かせるので、老廃物をリンパに流してむくみの悩み解決にも効果を発揮してくれます。

筋トレはやりすぎず、適度な休息も入れましょう

綺麗になりたいと思っている方、女性も最近では腹筋がバキバキに割れているトレーナーなどがテレビにも出演して話題になっていますし、男女問わず筋トレブームとも言われています。

やはり綺麗になりたいならそこまでバキバキに割れていなくとも、クビレを作ってきゅっとひきしまったセクシーなウエストに仕上げたいものです。
ここでウエストのクビレを作るためにただ腹筋をすればよいと思っている方も多いかも知れません。
しかし、縦腹筋と腹斜筋というウエストのクビレをつくるために必要な筋肉のつくり方は、運動方法がことなります。

ただ一般的な体育の授業で行ったような身体を起こす腹筋だけではなく、ひねりを加えたロシアンツイストや、ツイストクランチなどのエクササイズを入れていくと、理想的なボディーにしていく事が出来ます。

毎日継続するというのは、健康と美容面で重要な場合もありますが、筋肉を作るという事で考えると、休息を入れる事も実は大事なポイントです。
筋肉痛というのは、筋肉の組織が壊れている時に起こる痛みですが、それを修復する際に筋肉が肥大するというメカニズムが有ります。
そのため、筋肉痛があるような状態の時に重ねるようにして腹筋運動をしてもあまり意味がないのです。
むしろ筋肉にとってはデメリットとなってしまう場合もあります。

理想的なクビレを作るためには、まず腹筋の中でも縦腹筋と腹斜筋がポイントになってきますので、それをつけていく努力は必要で、代謝がアップすることで脂肪も燃焼しやすくなります。
しかし、やりすぎてしまいますと、腹筋を傷めてしまう場合もありますし、筋肉肥大の効率が悪くなる場合もありますので、筋肉痛がある時には控えた方が良いでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る