• 2018.4.6

ケアプロストがあればまつ毛育毛が出来ます!

まつ毛が短い事に悩んでいるけれど、育毛剤を使うと色素沈着が起きないか不安に感じてしまうという人に、育毛成分が豊富なケアプロストは最適です。
扱い方さえ間違えなければ、皮膚に悪影響も与えずに使用を続ける事ができる、まつ毛用の育毛剤として大きな注目を集めています。
ジェネリック医薬品なので金銭的な負担も少なくて、初めて育毛剤を購入するという人にも合っている医薬品です。

アプリケーターを使って目元に適量を塗布する事で、簡単には抜け落ちない丈夫な毛を育てる事ができます。
アイメイクをするたびに、まつ毛が抜け落ちてしまう事に悩んでいる人ほど、早期に育毛を始める必要があると考えてください。
毛が細いだけでなく毛穴が弱っている事が原因で、まつ毛が抜け落ちやすくなっている可能性もあります。
そのままの状態を放置していても、細い毛しか生えてこないせいで、目元のオシャレを楽しめなくなったという人も少なくありません。

ケアプロストを使用する際に、適量以上の量を塗布してしまった際には、すぐにふき取るように注意が必要です。
左右の目元に適量をバランスよく塗布するよう意識しなければ、片側の毛だけが太くなってしまいかねません。
アプリケーターを使用すれば、初心者であっても適量を目元に塗布する事ができます。

濃さを感じられる密度の高い毛を育てたくて、ケアプロストを使用すると考えているのであれば、三ヶ月から半年ほどは様子を見る事も重要です。
まつ毛というのは短期間で変化するものではなく、毛の質感や毛穴の状態を改善するためにも、最低でも三ヶ月は時間が必要になると考えてください。
一週間や二週間ほどで効果が実感できなかったので、ケアプロストの使用を中断してしまうと、また毛が抜け落ちやすい状態に戻ってしまう場合もあります。

ケアプロストは日本だけでなく海外でも人気が高く、安全性が高い育毛剤として若い女性からも注目されるようになりました。
まつ毛エクステを装着していて、毛にダメージを与えてしまった人も、毛の状態を改善するためにケアプロストを活用しています。

ケアプロスト使用において色素沈着に注意しましょう

ケアプロストを使用してまつ毛をケアすれば、短いまつ毛でも濃さと密度があるフサフサのまつ毛になるかもしれません。
このまつ毛育毛剤に含まれているビマトプロストという有効成分には、メラニン色素の生成を促す効果があります。
メラニン色素とは、黒い色をしている色素です。
まつ毛のメラニン色素が作られれば作られるほど、黒く濃いまつ毛になります。
太さ・長さも出す効果を持つ成分ですので、まさにまつ毛育毛にケアプロストは最適です。

ただ、メラニン色素はまつ毛部分だけでなく、肌にも作用する色素です。
もしケアプロストがまぶたに付着してしまうと、その部分にも多くのメラニン色素が作られてしまいます。
すると、肌でメラニン色素の生成が促されてしまい、色素沈着という副作用を起こしやすくなるので、注意が必要です。

ケアプロストは専用のアプリケーターを使い、まつ毛の根本に液を塗布する使い方をします。
もし、液が肌についてしまったという場合には、ふき取るようにしましょう。
そのまま放置してしまうと、ケアプロストの有効成分であるビマトプロストによって、まぶたに多くのメラニン色素が作られてしまいます。

すぐにふき取れば色素沈着も防げるので安心です。
万が一、ケアプロストでのケアを続けていてまぶたに色素沈着が起こったとしても、一旦使用を止めれば、徐々に薄くなっていくので安心です。
不器用な方などで、専用アプリケーターを使ってもまぶた部分に液がついてしまうという場合には、ケアをする前にクリームを塗っておくのをおすすめします。

まぶたにクリームを塗っておけば、クリームに含まれている油分によって液が弾かれるので、ビマトプロストが肌に触れてしまうことはありません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る